出会い系サイトの比較・口コミ

top image

出会い系サイト おすすめランキング

4.3 点 (8件)
ワクワクメールの画像

ワクワクメールの詳細情報

サービス開始年 2001年
対応エリア 全国
登録会員数 累計750万人
料金タイプ ポイント制
登録料金 無料
利用料金 100ポイント1,000円、210ポイント2,000円
主な利用目的 遊び、恋愛
主要な年齢層 20代前半
対応サイト、アプリ Web/iOS(iPhone)/ android,
運営会社 ワクワクコミュニケーションズ
月間サイト訪問者数(SimilarWeb調べ) 18,800,000人

ワクワクメールは、2001年から、運営されている超老舗の出会い系サイトです。マッチング実績は1000万以上という脅威の実績を持ちます。
ポイント系出会い系サイトの中では、利用金額も最低ラインで、最も良心的なサイトの一つです。初回登録で、最大で1,200円分の無料ポイントもついてきます。

明らかに人気の高そうな異性ばかり狙わなければ、メッセージの返信率は極めて高く、KYではなく礼儀正しいメッセージであれば、5割程度の割合で返信をもらうことができます。

出会い系サイトの一番の課題は、男女比率の乖離(圧倒的に男性が多くなる)で、ほとんどの出会い系サイトは男性に対して女性の登録比率や、アクティブ率が低いという問題があるのですが、ワクワクメールに関しては、女性ファッション誌や、都市部の看板広告など、利益のうちのかなりの部分を、大量の広告費に投下して、サクラではない本物の女性ユーザを獲得しているため、長期に渡って運営が安定している理由になっています。

特に、広告のターゲット先は20代前半の若い女性向けが多く、アクティブユーザの中でも18歳〜23歳くらいの若い女性が他のサービスに比べて多いこと、またネット広告ではなくリアル広告を利用しているため、出会いサイト利用経験が少なく、ネット慣れした女性登録者が少ないことも特徴です。その分、若干コミュニケーションには慣れが必要かもしれません。

類似の、優良ポイントサイトとしてはPCMAXがありますが、こちらの方が女性登録者数の平均年齢が高い代わりに、積極的な利用者が多いです。その理由は登録者を集める広告の出稿先によるところが大きいといえます。ワクワクメールと、PCMAXはサイトが似ていますが、登録ユーザの傾向がことなるため、双方利用してみて傾向の違いを把握されることをおすすめします。

>PCMAXの詳細はコチラ

また、ワクワクメールと、サービス内容、登録ユーザともに属性が近いものとしてハッピーメールがあります。

>困っている方が多いので、こちらにワクワクメールで業者やキャッシュバッカーを避けるための攻略法をまとめました。

ワクワクメールの口コミ・レビュー

運営はしっかりしているので出会い系サービスに関しての実績は申し分ありません。そのため、サクラの存在はいません。

ただし業者によるなりすましの存在は少なからず存在します。ただそれに関しては自己防衛もできますので、そこまで不安になることもないです。

それと「ワクワクメール」は男性側はかなり他の男性ライバルも多く、女性側は選び状態となります。
そうした理由から、メールを送っても無視されてしまうことも多々あります。そこが難点です。
それ以外のデメリットは特に見当たりません。

なお料金体系は月額料金ではなくポイント消費制になっていますが、そのポイントもリーズナブルになっていますので経済的負担は抑えられます。
また女性のプロフィールを見る際にはポイントを消費しないで済みます。これは画期的なサービスです。

それとポイントも新規に登録した際に無料でお試しポイント1200円分を貰うことができます。このポイントを上手に活用すれば、お目当ての女性を探し当てることも十分可能です。
45 人の方が役に立ったと言っています。
「ワクワクメール」は会員数が900万人とそれなりに多いので利用はしていましたが、始めた頃はお目当ての異性と出会えたこともありましたが、直接出会うまではいきませんでした。

そのことは相手方との相性もありますので許容できるものですが、ここを利用していて業者によるなりすましが思っていたよりも多かったのが気になりました。

この異性は良いなと思ってもそれが業者によるなりすましだったということが分かった時のショックは大きいです。
こちらも時間とお金をかけていますので、業者のなりすましに引っ掛かるのはかなりがっかりします。

そうしたこともあって、「ワクワクメール」をしだいに利用しなくなっていきました。

ただし一つメリットがあるのは、年齢層が意外と高めであることです。
20代よりも30代以上の異性が多かったので業者のなりすましに引っ掛からなければ30代以上の異性と出会いやすいと思いました。

出会い系サイトの中では20代が多いところもありますので、30代以上が多い出会い系サイトはある意味貴重です。
72 人の方が役に立ったと言っています。
3.6 点 (20件)
ハッピーメールの画像

ハッピーメールの詳細情報

サービス開始年 2005年
対応エリア 全国
登録会員数 累計1,600万人
料金タイプ ポイント制(女性基本無料)
登録料金 無料
利用料金 100P 1,000円〜2,300P 20,000円
主な利用目的 遊び、友達、恋活
主要な年齢層 18歳〜20代
対応サイト、アプリ Web/iOS(iPhone)/ android
運営会社 名株式会社 アイベック
月間サイト訪問者数(SimilarWeb調べ) 14,350,000人

日本最大級の優良恋愛コミュニティ

ハッピーメールとは、株式会社アイベックが2005年から運営しているマッチングサイトです。
街に看板広告を出したりラッピングトラックを繁華街で走らせたりと力の入った宣伝活動もあり認知度が高く、利用者数は1600万人を突破しました。
この数字は日本最大級で、やはり会員数が多いと色々な方との出会が期待できます。

料金形態はポイント課金制ですが、女性は男性との基本的なやりとりについては完全に無料なうえ、入会時に無料でいくつかポイントがプレゼントされます。
男性は事前にポイントを購入して入会することになります。

ですが、ログインでポイントをもらえたり、ポイントを使わずに相手のプロフィールを見る方法があったりとポイントを節約できる方法があるため 他の出会い系サイトと比較しても男女ともに始めやすいサイトです。

利用者は比較的若い年代の方が中心のようですが、シニア層、既婚者なども相当数いるようです。

日記を書いたりゲームなどでの気軽に交流がメインとなっています。
掲示板は「ピュア」「アダルト」といった住み分けがされているので、より自分の目的に合った人が見つかりやすいようになっています。

基本的にはライトな出会いを探している方がたくさんいるようです。
そのため、結婚を前提としたお付き合いよりも、お友達でもいいので、といった方におすすめです。

また、監視体制がしっかりしているため不審な動きをするユーザーを対処してもらえるので安心して利用することができます。
しかし、これだけの会員数ですので少なからず業者・サクラ・キャッシュバッカーといった存在も見受けられますのでそれなりの自衛は必要となってきます。

それでも会員数の多さから住む地域や趣味など自分の目的に合った相手を探すにはここが一番と愛用者も多く魅力的なサイトと言えるでしょう。

ハッピーメールの口コミ・レビュー

ハッピーメールはポイントを購入して、そのポイントをもとに利用していく性質があります。

ポイントの購入方法はいろいろなものがありますが、クレジットカードはその1つとなっています。

個人的にはハッピーメールでポイントを買うときには、このクレジットカードの利用が1番ではないか?と思っているのです。

というのも、ポイントが実際に反映されるまでの時間が特に早く、購入した瞬間にすぐに反映されていると言える状況でした。

だから、待ち時間のようなものがほぼなく、どんなタイミングで購入してもすぐに買ったポイントを使うことが可能です。

ストレスなく、スムーズな利用が可能となるため、ハッピーメールを利用するならばクレジットカードは持っておいた方がいいと思いますし、かなり重宝する存在です。

他の方法にも少なからずメリットはあると思うのですが、クレジットカードでポイントを買うメリットはかなり大きいと言えるため、ぜひ覚えておいてほしいと思います。
46 人の方が役に立ったと言っています。
30代の普通の会社員男性がハッピーメールを利用してみての感想と実際に出会うまでの体験です。

サービスを開始してからかなりの年月が経っている事もあり有名な為登録者数も多く検索機能も充実している為自分の好みの相手を見つけやすいです。
プロフに写真を登録してある娘も多いので相手の雰囲気が分かりやすいなと感じました。

こちらもプロフに情報を登録して奇跡の一枚の写真をプロフ画像に登録していざ女の子にアプローチを掛ける為気になる娘にメッセージを送ってみたものの返事が来なかったりパパ活目的だったりで登録時に貰えるポイントがみるみるうちに無くなっていきました。
ちなみに1ポイントが10円でメッセージが1通5毎ポイント必要となっています。

たまに女性の方からメッセージが来るのですがこちらもパパ活や別の有料サイトへの誘導などばかりで心が折れ掛けていたところ掲示板という項目を見つけ見てみるとそこでも出会いを募集しているようでしたので目を通してみる事にしました。

すると29代後半の娘で写真の雰囲気も良くプロフをみると趣味も合いそうなのでメッセージを送り暫く経つと返事がきました。

サイト内の仕事の話や共通の趣味の話でメッセージでやり取りをしていくうちに相手の女性の方から直接会って話をしてみたいと言われたので週末に軽くご飯を食べに行く事になりました。

当日待ち合わせ場所で待っていると一人の女性から○○さんですか?と声を掛けられました。
振りかえって相手の姿を確認するとサイト内で使っていた写真は結構加工してあったみたいで別人とまでは言いませんが大分盛られてたんだなという印象でしたがそれでも普通に可愛い感じの娘でした。

食事をしている中でサイトを内での話になったのですがやはり女性の方は男性からのアプローチが激しいようで特に何もしていなくてもメッセージが入っている事があるようで、今回会う事ができた娘も掲示板で募集を掛けたら複数人とメッセージをやり取りする事になって大変だったとの事。
その中から私を選んで貰えたと思うとなんだか嬉しい気分になりました。

その日は食事をして直接の連絡先を交換して解散という流れになりました。
その後はラインとかで連絡を取り合って頻繁に遊んだりしているうちに交際するまでに至る事ができたので結果としてはサイトを利用して大成功でした。

今回出会うまでにおよそ1カ月ほど時間が掛かり、ポイントの課金額は5000円程度で済みましたが正直運が良かったのもあると思います。
場合によってはもう少しお金と時間が掛かるかも知れません
11 人の方が役に立ったと言っています。

YYC(ワイワイシー)の詳細情報

サービス開始年 2001年
対応エリア 全国
登録会員数 1,000万人超
料金タイプ ポイント制(女性基本無料)
登録料金 無料
利用料金 1,000P 1,000円〜5,500P 5,000円
主な利用目的 遊び、友達、恋活
主要な年齢層 20代
対応サイト、アプリ Web/iOS(iPhone)/ android
運営会社 株式会社Diverse
月間サイト訪問者数(SimilarWeb調べ) 3,261,000人

真剣な恋人から友達探しまでできる日本最大級の出会い応援サイト

YYCは株式会社Diverseが2001年から運営しているコミュニティサイトです。
15年以上の運営実績があり、会員数も1000万人を突破しています。

YYCは比較的オーソドックスなSNS系の作りをしたマッチングサイトです。そのため普通のSNSを利用する感覚であまり構えることなく利用することができます。

気軽な出会いを求めている男女が多く、年齢層は比較的若めです。
加えて、結婚を前提とした出会いを目的とした方は少ないため、婚活というよりは恋活寄り、または友達募集の方が多いです。

料金形態としては女性が無料、男性はポイント制、1ポイントあたり1.08円で購入でき、10ポイントから利用できます。
気に入った方が見つかったり、出会いに繋がりそうな場合に課金したりする、といった使い方ができるところが魅力です。

また、ポイントとして他の出会い系サイトに比べスマートフォンアプリの使いやすがが抜きん出ており、アプリで出会い系を使いたい人には特におすすめできます。

しかし、1000万人以上の会員ともなるとその全てが優良な会員というわけにもいかないようです。
口コミにもある通り、業者やキャッシュバッカーと言われるポイント狙い(お小遣い稼ぎ)の女性が多いという課題があります。
これらの利用者をうまく避けて利用すると、出会い系サイトの中でも、特にメッセージの返信率が高く(5割くらいあります)、出会いに繋がりやすいサービスになります。

>困っている方が多いので、こちらにYYCで業者やキャッシュバッカーを避けるための攻略法をまとめました。

YYC(ワイワイシー)の口コミ・レビュー

YYCは、出会うこと自体は可能だなとは思うものの、それ以外の面でちょっと不満を感じます。

それは自分が書いている日記とか、つぶやきが勝手に削除されているという状況です。

自分としては問題のある内容を含んでいるという感覚は全くありませんでした。

しかし、気が付いたらそういったものが削除されていたことがあり、しかも具体的な理由は特に教えてもらえません。

だから、もはや何が原因で削除されているのか?に関して、自分で掴むことができず、モヤモヤしたままです。

何らかの利用規約に抵触する部分があったのでしょうけど、理由が分からない以上、また同じ目に遭うのではないか?という考えが浮かんできます。

そうなると、日記やつぶやきを利用する気も起きず、最終的にはYYCを利用するモチベーションも落ちてきました。

YYCでは日記やつぶやきなどは、運営側が常に監視して、内容面をチェックしているので、そこは利用者は知っておくべきだと思いました。
114 人の方が役に立ったと言っています。
「YYC」は20代の頃に利用していましたが、とにかく若年層のユーザー数が多いのが魅力的でした。
ただし、ポイントがやや割高感があるのが残念でした。

ここの魅力は若年層のユーザーが多い点とマッチングしなくてもメールを送ることができる点です。マッチングサービスはマッチングしないとそもそもメールが送れない仕組みになっていることが多いですが、「YYC」はマッチングしなくてもメール自体は送ることができます。しかしメールを送るのに割高の費用がかかります。
何通も送るとなるとそれなりの金額になってしまいますので、むやみやたらメールは送ることはできませんでした。

また、良かったのが検索機能です。「YYC」の検索機能は、とても使い勝手が良いです。
それは検索機能がとても充実しているからです。
この詳細に指定ができる検索機能は他社のマッチングサービスにはそうそうないほどの充実ぶりです。
かなり詳細な条件まで指定して検索することができるので、より好みの異性を探し出すことができます。
58 人の方が役に立ったと言っています。
3.9 点 (76件)

pairs(ペアーズ)の詳細情報

サービス開始年 2012年
対応エリア 全国
登録会員数 累計800万人
料金タイプ 定額
登録料金 無料
利用料金 1ヶ月プラン3,480円/月、3ヶ月プラン2,980円/月、(一括8,940円)、半年プラン2,480円/月(一括14,280円)、1年プラン1,980円/月(一括23,760円)
主な利用目的 恋愛、結婚
主要な年齢層 20代〜30代
対応サイト、アプリ Web/iOS(iPhone)/ android,
運営会社 株式会社エウレカ
月間サイト訪問者数(SimilarWeb調べ) 4,320,000人

マッチングアプリのパイオニア!恋活といえばペアーズ

ペアーズは株式会社エウレカが2009年から運営を始めたマッチングアプリ。
恋活・婚活を始めようとしている方が一度は目にしたことのあるアプリではないでしょうか。

会員数は累計600万人を突破し、且つ毎日新規のユーザーが増えています。
マッチングアプリはどうしても人口の集まりやすい都市部に偏重しがちですが、このペアーズは会員数の多いSNSのフェイスブックを利用しているため、どの地域にも満遍なくユーザーがいるところがポイントです。

真剣に恋愛をしたい!といった方が多く、婚活よりも恋活寄りです。
ですが最終的には結婚までと考えるユーザーがほとんどなので、気軽にまじめなお相手探しができるのも特徴的です。

恋人ではなく友達を探している方など自分との交際の目標が違う方はできる限りコミュニケーションを取り始めた最初のうちに見極めることが大切です。

年齢層も幅広いですが、男女共20~30代が主流となっています。

料金形態は女性は完全無料、男性も月額で平均的な飲み会一回分よりも安価に設定されています。

フェイスブック認証された方はペアーズを利用しているのが知られるのではと心配になるかとも思われますが、プライベートモードといったオプションに加入することで、職場の人や友達に知られることなく利用することが可能です。

もちろん、フェイスブックと連携してもっと自分のことを知ってもらうこともできますし、
最近では会員になるのにフェイスブックのアカウントも必須ではなくなったようです。

初めてネットで恋活をする方におすすめです。

>iPhoneアプリのダウンロードはこちらから

pairs(ペアーズ)の口コミ・レビュー

友達や同僚でペアーズを使っている女性が周囲に多い印象でした。
「なんでこのアプリなの?」と友達や同僚に聞くと、「だって、会員数が多いから。」と言います。
私も恋人を探しているため、使ってみようと思って登録しました。

しかし、いいねできるのは1ヶ月で30人ほど。
1日1人にいいねを送って、その男性とマッチしないことも多いです。

会員数は確かに多いけど、いいねやマッチができなければ意味がないのでは?

そのような疑問を感じてしまい、すぐに使わなくなりました。

男性からいいねが届くのですが、顔写真がない人や親に年齢が近い人、居住地が遠方の人ばかり。
いいねをお断りしてしまうと、私からのいいね数が足りないため、誰ともマッチングしない。

アプリの人気度はすごく高いのに、なんでこんなに不便なの?
やっぱり、いいね数が極端に少ないと出会える人とも出会えないんじゃないの?

そんな不信感が募りに募り、アプリを退会しました。
1 人の方が役に立ったと言っています。
大学時代に付き合ったことはありましたが、ラブホテルに行ったことはありませんでした。
社会人になり、仕事に余裕が出た時に彼女が欲しいとなり、ペアーズに入会。
色々な女性と連絡を取り合いました。そこで出会った女性とご飯を食べに行くことに。お互い次の日が休みだったということもあり、時間を気にせず話に花を咲かせていました。

23時半ごろになった時に女性に「もうこんな時間だよ」と伝えると、まだ一緒にいたいです。
と言ってくれました。
これはホテルに誘ってくれというサインか?と脳をフル回転させ、そういうことであれ!と心の中で思いながら店を出てラブホ街へ歩きました。

女性も嫌がるそぶりを見せずついてきてくれます。
僕が「ホンマに大丈夫?」と最終確認すると「ついてきてるんやから、大丈夫ってことでしょ笑」と相手もノリノリだったので僕も確信しラブホに入りました。

ただ部屋は狭くちょっと古めの内観だったので僕の理想のラブホではなかったですが、一生の思い出になりました。こんな経験をさせてくれたペアーズには感謝です。
6 人の方が役に立ったと言っています。
3.9 点 (10件)

PCMAXの詳細情報

サービス開始年 2001年
対応エリア 全国
登録会員数 1,000万人超
料金タイプ ポイント制(女性基本無料)
登録料金 無料
利用料金 1p=10円(支払い方法、金額により異なる)
主な利用目的 遊び、友達、恋活
主要な年齢層 20代〜30代
対応サイト、アプリ Web/iOS(iPhone)/ android(Web版メイン)
運営会社 株式会社 マックス
月間サイト訪問者数(SimilarWeb調べ) 14,450,000人

PCMAXは、2001年運営開始、会員数900万人のポイント制出会い系最大手のサイトです。
利用料金も最低ライン。初回登録で1,000円の無料ポイントがついてきます。

ポイント系サイトの中では、女性利用者の積極性が突出しています。自分のプロフィールをしっかり書いたり、アクティブな利用者を選ぶなどコツは必要になりますが、メールの返信率は5割前後を確保できる、数少ない出会い系サイトです。

女性利用者の積極性が高いことには明確な理由があります。
出会い系サイトは、どれも女性登録者の獲得に苦心しており、PCMAX以外ではワクワクメールなど優良出会い系サイトと呼ばれるサイトは、例外なく、雑誌や街頭の看板広告などのリアル広告で、かなり多くの費用を使っているという共通点があります。

PCMAXは、特に広告の出稿先が特殊です。というのも、一般向けのファッション誌では、10代、20代向けだけではなく、主婦が好むような30代、40代向けの雑誌に広告を掲載しています。さらに、レディースコミックなど、アダルト属性が強い雑誌にも広告を積極的に出しています。
同様の優良ポイントサイトのワクワクメールが20代前半向けの、アダルト属性がほぼない対象に広告を打っているのと大分異なります。街頭の看板広告などでも、例えば池袋のなどでは、詳細は避けますが待ちの中でも狙っているポイントが異なります。

これらのことから、PCMAXについては、明らかに他の出会い系と異なり、業者ではなく本物で、かつ既婚の女性や、アダルトな出会いに興味がある女性が最も登録している唯一の出会い系サイトになっています。

類似のワクワクメールでは、逆に18歳〜23歳くらいの若い女性のボリュームゾーンが多い一方で、アダルトな出会いは積極的には考えていないネット慣れしていない純粋な女性も多く明確に傾向が異なります。双方利用してみて傾向の違いを把握されることをおすすめします。

>ワクワクメールの詳細はコチラ

アダルトな出会いを求めているからといっても、やはり女性は安心感を重視しています。正確なプロフィール、写真、下品ではなく紳士的なやりとりなどは必須になるので、注意してください。また本人認証を行っていない利用者はまずもって相手にされないので、必ず登録後すぐに認証を行うようにしましょう。

すべての、出会い系サイトに言えることですが、業者やキャッシュバッカー(マイル制度狙い)には注意しましょう。

>困っている方が多いので、こちらにPCMAXで業者やキャッシュバッカーを避けるための攻略法をまとめました。


 

PCMAXの口コミ・レビュー

友人がPCMAXで当時付き合っていた彼女と出会った事で勧められてたので私も始めてみる事にしました。

最初にプロフィールの登録をしたのですが設定項目がとにかく多くて埋めるのが中々大変でした。
次にプロフの顔写真ですが女性側だって加工しているだろうしこちら側も多少の加工は問題ないと考え、別人とまでは言いませんがちょっと加工を入れて少しでも良い物を用意しました。

ここから先女性へのアプローチを掛けたのですがサイト誘導の業者やパパ活女子が多く無駄にポイントを消費させられました。
やっていくうちにプロフや一度目のメッセージで大体見分けが着くようになったので無駄な消費は減りましたが、真剣な出会いを求めてる女性の競争率が高いようで中々思うように関係が進展する事はありませんでした。

そこであえて方針を変えて掲示板に書き込みこちらから募集を掛ける事にしてみました。
最初はご飯一緒に行ってくれる人みたいな感じで掲示板募集を始めて少し時間が経つと20代半ばの2人の女性からメッセージが入っていたのでプロフィールを見て一人に絞り返事をしてみるとアッサリと会う約束を取り付ける事ができました。
会うのはその週の週末となりその間もメッセージのやりとりをして少しでも当日の話題に繋げられるように相手の事を知ろうと思っての行動です。

当日待ち合わせ場所で初対面するとプロフ画像のイメージでは結構派手目な女性かと思っていましたが意外と何処にでもいそうな普通な感じで逆に安心しました。
約束通り食事をしながら仕事や身の回りや映画の話などで盛り上がりあっという間に時間が過ぎてその日は直接の連絡先を交換して解散となりました。

その後も映画に行ったりご飯を食べたりと現在でも良い友人関係を築けていますが、私個人としては更に関係を進展させられたらと考えています。
24 人の方が役に立ったと言っています。
恋人探しのため、恋人探しができそうなSNSに登録することにしました。そこで、インターネットでどのSNSにしようか調べてみたところ、PCMAXが最も「出会える」ということを紹介しているサイトを見て、すぐに利用を開始しました。

情報を入力して、相手を探したところ、さすがにメジャーなSNSということで、かなり数の候補がアップされてきました。初めはビックリして、有頂天になりかけましたが、よくよく内容を見ると、サクラか、キャバクラなどの営業を目的に連絡をとってくる相手がほとんどでした。
数をキチンと数えたわけではないのですが、8割程度はそのような相手でした。

サクラかキャバクラ等の営業を目的とした相手は、以下のような特徴があります。
まず、写真がかわいいという特徴があります。
写真がかわいいので万が一のチャンスを考えてしまい、連絡をとってしまいがちなので注意してください。

次に、やたらと自分のことをほめてくれるという特徴があります。
しかし、それは営業トークなので頭にのらないように、冷静に対処しましょう。

PCMAXでなくても、サクラや営業はいます。そして、サクラや営業がいくら多くても、キチンと対処できれば、目的の出会いを達成することできます。慌てず、よく考えて、恋活しましょう
35 人の方が役に立ったと言っています。

Match.com(マッチ・ドットコム)の詳細情報

サービス開始年 2002年
対応エリア 日本、他世界24カ国
登録会員数 国内約190万人
料金タイプ 月額制
登録料金 無料(無料会員あり)
利用料金 スタンダード1ヶ月 3,980円〜
主な利用目的 恋活、婚活
主要な年齢層 20代〜40代
対応サイト、アプリ Web/iOS(iPhone)/ android
運営会社 マッチ・ドットコム ジャパン株式会社
月間サイト訪問者数(SimilarWeb調べ) 1,027,000人

世界最大級のマッチングサイト!まじめに活動する方のためのコミュニティ

マッチドットコムはアメリカのマッチ・グループが運営するマッチングサイト。日本では2002年にサービスが開始されました。

日本の会員数は187万人、世界25か国で展開されているので外国のユーザーとも出会えるのが特徴的です。
また海外発のサービスだからいうことなのか、登録時に設定すれば同性の相手を探すこともできます。

真剣な交際を考えて登録している方が多く、比較的に年齢層が少し高めなのが会員の特徴です。
そのため離婚歴がハンデにならなかったりする方や、将来の事を見据えてメッセージのやりとりがしたい方、婚活をしている方におすすめです。

料金については登録は男女ともに無料でプロフィールの作成なども無料のままできますが、メッセージの送受信などは有料です。
男性も女性も同一のサービスで、月額料金は他と比較すると少々高めです。
ですが男女共少々高めな料金というのは真剣さを高める要因にもなっています。

性別に関係なく男女共に有料だと、他の女性無料のサイトにあるような完全に「待ち」の女性や暇つぶし感覚の女性が少なくなります
そのためメッセージへの返信率も高く、女性からのアプローチも積極的といった特徴が見られます。

ですが都心部以外では近隣の会員数が少ないといったことも無きにしも非ずです。
無料会員でも会員を検索するところまではできますので会員の層を見てから有料に切り替える手もあります。

また、マッチングしていなくてもメッセージを送ることができるのも特徴で、プロフィールの文章だけではなくアプローチできることが魅力です。

Match.com(マッチ・ドットコム)の口コミ・レビュー

マッチドットコムはこのマッチングアプリ独自の部分が結構あって、そこに不便を感じる面がありました。

つまり、他のマッチングアプリをこれまで使ってきたとしても、その経験がそこまで生きないというか、そういう感覚になるのです。

だから、マッチドットコムはマッチングアプリに詳しい人も、そうじゃない人も慣れるまでに時間がかなりかかるのではないか?と思えてきます。

こういう点はいろいろな箇所に見出せますが、例えば機能の名称がオリジナリティに溢れていて、理解しづらいという点があります。

マッチドットコムの各機能の名称は他では見られないものが多く、一目見て何をするものなのか?が分かりません。

実際に使ってみて、詳しく調べてみて、初めてその機能の内容が分かるような感じであり、そこはどうしても不便に思えてくるのです。

マッチドットコムに関してはこういう特徴がありますから、私はどうしても使いづらいなと思えてしまい、他にもそう感じる人が出てくる可能性が高いでしょう。
3 人の方が役に立ったと言っています。
無料で使える恋活サイトはたくさんありますが、中には年齢層が低すぎたり、テンションが高くてついていけないこともあります。
また、登録したてはアピールがたくさん来るものの、自分が求めている相手が見つからず、探し疲れて利用するのをやめてしまうようなことも少なくありません。
ですがマッチは写真も加工して無い人が多いし、また外国籍の人もいて探しているのが楽しくなっていいです。

また、年齢層も幅広く若い人ばかりが利用していることもないので安心します。
パートナー探しはエリアから細かくできるので、会いやすいように地元を選択することもできますが、他人に知られたくない時は遠くで探すこともできるので良いと感じました。

また、ジェンダーレスという言葉がメジャーになる前の、早くからジェンダーレス対応で、最初の登録で男から男、女から女の相手を探すこともできるので、色々なタイプの人が気兼ねなく使いやすいアプリだとも思いました。
8 人の方が役に立ったと言っています。
4.0 点 (33件)

with(ウィズ)の詳細情報

サービス開始年 2016年
対応エリア 全国
登録会員数 約80万人
料金タイプ 月額制(女性無料)
登録料金 無料
利用料金 1ヶ月3,400円、3,900円〜12ヶ月プラン21,600円、24,800円(支払い方法による)
主な利用目的 恋活、婚活
主要な年齢層 20代
対応サイト、アプリ Web/iOS(iPhone)/ android
運営会社 株式会社イグニス
月間サイト訪問者数(SimilarWeb調べ) 388,662人

共通点から遺伝子レベルで気の合う人と出会うまじめな恋愛サービス

Withは株式会社イグニスが2016年にサービスを開始したマッチングアプリ。
メンタリストのDaiGoが監修する心理テストのような心理学と統計学を用いたイベントがあり、質問の回答の傾向から気の合う相手を探せるのが大きな特徴です。

趣味や興味などからの共通点で結びつけることで、より好みの方とマッチングできる確率がとても高いところが嬉しいポイントです。

アプリのデザインもきれいで、使いやすくなっています。
様々な条件で検索して双方が「いいね!」を送りあってマッチングできた人とメッセージでコミュニケーションが取れるような仕組みになっています。

比較的新しいサービスですが、73万人を突破した会員数は、現在も年々数を伸ばしていっています。

年齢層は若干若めで20代が多いですが、まじめに恋愛をしたい方が多くいるので恋活・婚活にはもってこいです。
真剣交際目的の方が多いので、気軽に遊べる相手が欲しい!という方には向いていないように感じます。

料金は月額制で、女性は無料
男性は一ヶ月2800円からとなっているほか、お試しの一週間プランが1300円で利用できるようになっています。

また、会員はフェイスブック認証で一定の信頼性を確保し、運営会社も上場企業であることを謳っています。
会員のプロフィールのチェックなども行なっていて、サクラや業者のいない安心して利用できる優良サービスを目指しています。

マッチングした後はLINEやフェイスブックなどのほかのサービスと併用して利用するのをオススメされています。

with(ウィズ)の口コミ・レビュー

Withは基本的には若者中心のマッチングアプリとなっており、若者以外が利用するにはちょっと場違い感が出やすい部分があると思います。

Withの場合には利用者の大半が20代で、それは利用を始めてみると如実に感じやすい点になるでしょう。

30代になると、一気に利用者が減ってしまう状況がありますから、特定の年齢層に特化したような印象を受けやすいアプリになっています。

20代以外の人たちが利用してはいけないというわけではありませんが、仮に同年代の恋人が欲しいと思っているのであれば、Withはおすすめできないでしょう。

若い人たちがマッチングアプリをよく使っているという状況は、多くが想像できるかもしれません。

しかし、20代以外の人たちがなかなかいないというケースは珍しいと言えるのではないでしょうか?

かなり珍しい側面を持っているのがWithになるため、利用を検討中の人はここを踏まえたうえで結論を出していく必要があると思うのです。
5 人の方が役に立ったと言っています。
私がwithを使用していたのは昨年の1〜4月くらいでした。彼女が欲しかった当時は、他のマッチングアプリと比較しつつ、試しに登録をしてみて、いい相手がいればいいなと軽い気持ちで使用していました。

withには様々な心理テストが公開されていて、テストを受けていくと自分のタイプと相性のいいタイプを自動でおすすめしてくれるサービスがありました。会員数もpairsと同等くらいで、多種多様な人が登録されていました。オススメされた相手のプロフィールをチェックしてみると、確かに良い雰囲気だなと感じるお相手がオススメされていて、自分で相手を探す手間が省けていました。

そこから数人にお会いして、楽しいひと時を過ごさせて頂きました。最終的に彼女は出来なかったものの、今ではいい思い出だと気持ちを切り替えてます。

実際に使ってみて、相手を探すためのサポート機能が充実していると強く感じました。プロフィールの作成を手伝ってくれる機能もあるので、他のマッチングサイトに比べて評価が高いことも頷けました。しっかり使いこなせば素敵な出会いを生んでくれるきっかけになるサービスだと思います。
6 人の方が役に立ったと言っています。
3.6 点 (8件)

イククルの詳細情報

サービス開始年 2001年
対応エリア 全国
登録会員数 1,000万人超
料金タイプ ポイント制(女性無料)
登録料金 無料
利用料金 100P 1,000円〜12,200P 50,000円
主な利用目的 遊び、友達、恋活
主要な年齢層 18才〜20代
対応サイト、アプリ Web/iOS(iPhone)/ android
運営会社 プロスゲイト株式会社
月間サイト訪問者数(SimilarWeb調べ) 4,426,000人

恋も遊びもここならできる!日本最大級恋愛コミュニティ

イククルはプロスゲイト株式会社が2001年に運営開始したサイトです。
以前はモデルの小森純さんがイメージキャラを務めたことで知名度を高めました。

運営の歴史もあり、会員数も1000万人を超える日本最大級の恋愛系コミュニティサイトと言えるでしょう。
当初はもっとカジュアルな出会い系といった雰囲気のサイトでしたが、より女性も安心して利用できる恋活サイトといった方向性に舵をきり大きくリニューアルされました。

年齢層としては10代が多く、比較的若い方が登録しています
そのため、本格的に婚活をここでしようというよりは、まずは彼氏・彼女を見つけたい、や気軽に遊べる異性を探したいといった目的の方が多い印象です。

ですが、会員数も多いのでまずは趣味などで友達を作って、そこから関係を深めていくやり方もできますし、
また、運営主催の婚活パーティも行われていたりもします。

このように、以前のような気軽な遊び感覚の出会いも探せる雰囲気も残しつつ、もうちょっと真面目な恋人探しもできるサイトになっています。

料金形態はポイント制で、女性は無料、男性も100ポイントから1000円で購入できます。
メール送信は5ポイントを使用します。

日記や掲示板などの基本サービスのほか、質問を投稿してほかのユーザーが回答してもらうサービスも人気です。
また、誰でも参加・投票できる写真のコンテストなども開催されています。
コンテスト自体は他のサイトでもあったりしますがコンテスト入賞者には賞品があるのは珍しく、非常に盛り上がっています。

イククルの口コミ・レビュー

私がイククルを使って思った事は比較的他の恋活サイトよりも所謂サクラが少ないという事です。

他にもいくつかの恋活サイトを使ったことがあるのですがサクラと思われる人からのメッセージが多く嫌になった事がありました。
でも、イククルはあまりそういう事が少なくて安心です。

もちろん、ゼロではなく業者、キャッシュバッカーと思われる人達からメッセージが来ることもありますが分かりやすいので引っかかる事は無いと思われます。

登録者数も多く機能面も充実しており、他のサイトより料金も低めで使いやすいです。
毎日ログインをすることでポイントをもらえたり、掲示板への書き込みは無料なので積極的に募集を掛ける事が出来ます。

私も実際にイククルで彼女を作る事が出来ました。
その時は相手の女性が書いていたサイト内の日記を読んでコメントした事がきっかけで仲良くなり、サイト内メッセージでやり取りした後line交換する事になりました。

他のサイトであまり上手く行かなかった人に是非一度使って欲しいサイトです!
22 人の方が役に立ったと言っています。
イククルでは日記の機能があるので、そういったものを使うことができます。

そして、私が見る限りでは女性の日記利用率が割と高い気がします。

日記を書いているということは、そういった部分からその人の特徴を探ることができるわけで、非常に便利な側面に感じられるのです。

通常はプロフィール欄をチェックして、そこから相手のことを理解していく状況となりますが、普段何をしているか?などの部分が詳細に分かるという点は非常にありがたく思えてきます。

また、文章の書き方の部分から人柄もある程度見えてくるので、意外と参考にできる箇所は多いと言えるでしょう。

日記のサービスは他のサイトにも存在していると思いますけど、イククルでは女性の利用率が高い気がするので、そういう面から相手を見極めたいと考えている人にはおすすめです。

イククルはSNSのような感覚で利用したい、そういう中で恋人などを見つけたいと思っている人に向いている存在だと思いました。
9 人の方が役に立ったと言っています。